富裕層の最新ステータス・シンボルは「二重国籍」

写真:©Adobe Stock
中国人が資産保全のために移住している国のランキングを先日記事にしたが、ブルームバーグでは国籍とパスポートを手に入れられる国とその金額のランキングを発表した。

  1. Austria/オーストリア・・・ 2730万ドル
  2. Cyprus/キプロス・・・ 240万ドル
  3. Malta/マルタ ・・・ 110万ドル
  4. Turkey/トルコ・・・100万ドル
  5. Vanuatu/バヌアツ ・・・22万6千ドル
  6. Grenada/グレナダ ・・・20万8千ドル
  7. St. Kitts and Nevis/セントクリストファー・ネイビス ・・・ 15万ドル
  8. Saint Lucia/セントルシア ・・・ 10万ドル
  9. Dominica/ドミニカ ・・・ 10万ドル
  10. Antigua and Barbuda/アンティグアバーブーダ ・・・ 10万ドル

パスポートを買う理由としては、自国に万が一のことがあった際の安全を買うためだという。この安全というのは、自然災害だけでなく、法制度の改正で資産が守られなくなるというのも含まれている。

実際のランキングを見てみると、オーストリアとトルコを除くと、タックスヘイブンの地域ばかりである。資産保全のための国籍取得。これが最新の富裕層のステイタスシンボルなのだそうだ。

参照:Bloomberg

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層関連情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

ページ上部へ戻る