デュアルライフはもう富裕層だけのものではない

従来、デュアルライフという言葉と聞くと、富裕層や時間に余裕のあるシニアがイメージされてきた。
だが近年20~30歳代のビジネスマンやファミリー層がデュアルライフ(二拠点生活)を始めようとしている。
その背景にあるのは、「都心における物件や賃貸価格の高騰と地方物件の低価格化などが考えられている。」とリクルート住まいカンパニーの担当者は語る。
だが、果たして低価格の提案や物件が求められているのだろうか。

記事元(住宅産業新聞社)はこちらから

ページ上部へ戻る