富裕層だけではなく、20代~30代にも注目が高まる「デュアルライフ」とは

富裕層にとってデュアルライフ(二拠点生活)はスタンダードな文化になりつつあるなか、近年では、20代~30代の若いビジネスパーソンファミリー層にも人気が高まってきているのはご存知だろうか。
「デュアルライフ(二拠点生活)」には行政も関心を寄せていて、国土交通省が「二地域居住の推進」というWebサイトで『都市住民が農山漁村などの地域にも同時に生活拠点を持つ「二地域居住」などの多様なライフスタイルの視点を持ち、地域への人の誘致・移動を図ることが必要となります』と発信している。

記事元(Yahoo ニュース)はこちらから

ページ上部へ戻る